東北新幹線は現在の八戸駅から新青森駅まで延伸し全面開通します。 新型車両のE5系はやぶさに乗って、東北の温泉や観光地へ旅行に 出かけよう!

青森の観光スポット・行楽地②

下北半島地区

【仏ケ浦(佐井村)】
下北半島西海岸中央部下北半島国定公園の景勝海岸で、1941年国名勝および

天然記念物に指定された。長年の波浪と風の浸食によって様々な仏像や仏具に

形つくられた奇岩の岩石海岸が1.5kmにわたり続いている。


【川内川渓谷(むつ市)】
下北半島で最も水量が豊富な川。全長4.4kmの遊歩道が整備されていて、滝

見台八ツ橋、下戸ヶ淵、張出歩道などの見所が点在し、変化に富んだ渓流美が

楽しめる。


【恐山(むつ市)】

恐山イタコ口寄せ比叡山、高野山と日本三大霊場に数えられる。

周囲は蓮華八葉に例えられる8つの外輪山に囲まれ
た宇曽利山湖がある。

7月に恐山大祭、10月上旬に恐山秋詣りが行われ、
本堂わきのテントで「イタコの口寄せ」(写真)が行われる。


恐山は東北を代表するパワースポットとしても知られる。


【大間のマグロ(大間町)】
グルメブームで全国的にも有名になった大間のマグロ。マグロの中でも最大級の

種類を一本釣りするもので、最大で440キロ、3mを超える大きさのマグロが水

揚げされたこともあり、脂がのった旨さは「幻の逸品」とされている。

【薬研渓流(むつ市)】
集塊岩や安山岩の渓谷が見られる渓流。ヒバ・ブナ・カエデの緑に包まれた散策

コースが魅力。近くにく薬研温泉やヒバ原生林。奥薬研には、かっぱの湯、夫婦

かっぱの湯などの露天風呂がある。

【寒立馬(東通村)】
寒立馬は優駿・南部馬の血をひき、かつては軍用として品種改良されてきた。

尻尾先一帯で放牧されており、小柄ながら寒さと粗食に耐え、厳冬の中で懸命

に生きる姿に感動させられる。


【尻屋崎(東通村)】
本州の北端で湿地が多く、珍しい花や貴重な高山植物の宝庫。1968年に下北

半島国定公園に指定された。シンボルの尻屋崎灯台は、明治34年日本初の電

気式灯台となり、「日本の灯台50選」にも選ばれた。


【下北半島エリアの温泉・宿泊施設】
★下北半島の温泉の詳細ははこちら⇒下北半島の温泉

弘前・南津軽・西海岸地区

【世界自然遺産「白神山地」】

青森県と秋田県にまたがる約13万にわたる広大な山岳地帯。

中心部16,971haが1993年に世界自然遺産に登録された。世界最大級のブナ

の原生林が分布し、多種多様な動物・植物が生息し、貴重な生態系が保たれて

いる。

【十二湖(深浦町)】

十二湖の青池
白神山地の西部に、33の湖沼が点在する
「十二湖」。中でも有名な「青池」は青いインク
を溶かしたような青色で神秘的に輝く湖面が
美しい 。(写真)

ブナ自然林を体験できるコースもあります。

【黄金崎不老ふ死温泉(深浦町)】
東北を代表する有名露天温泉。波打ち際にひょうたん型の混浴風呂と楕円形の
女性風呂があり。ダイナミックな海岸に沈む夕陽をまじかに眺めることができる。

【アクセス】
◆鉄道 東京駅 - 青森駅 - 舮作 約7時間40分
◆車   東北自動車道 浪岡I.Cより 2時間


【ウェスパ椿山(深浦町)】
世界遺産の白神山地や日本海の大自然に囲まれたリゾート施設。天然温泉の
ドーム型開閉式露天風呂では、昼は日本海の絶景、夜は紙幣戦に沈む夕陽を
眺めながら入浴を楽しむことができます。


【弘前・西海岸地区の温泉・宿泊施設】
★津軽の温泉の詳細はこちら⇒津軽の温泉
★大鰐(おおわに)温泉の詳細はこちら⇒大鰐温泉

タグ : , , , ,

関連記事

  1. 青森の観光スポット・行楽地①

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 青森の観光スポット・行楽地②

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.jr-hayabusa.com/mtos/mt-tb.cgi/23

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0