東北新幹線は現在の八戸駅から新青森駅まで延伸し全面開通します。 新型車両のE5系はやぶさに乗って、東北の温泉や観光地へ旅行に 出かけよう!

東北新幹線時刻表

東北新幹線はやぶさ 時刻表と乗車料金について

3月5日にいよいよ登場する「はやぶさ」。

初めは仙台―東京間の1往復と合わせ、3編成で運転を開始します。

最速は300km/hで、最速到達列車は東京~新青森間を3時間10分で

運転となります。


はやぶさの車両は、今年の秋ごろから徐々に編成数を増やし、従来のはやて

車両と置き替えを進めていく予定です。

秋田新幹線「こまち」の新型車両が整い、はやぶさとの連結走行が可能となる

2012年度末には最高時速320キロに達する。すると同区間の所要時間は約3

時間5分となる。

特急料金は東京―新青森間が片道7000円で、運賃との合計は1万6870円。

はやてより500円高い設定となっています。


また、「グランクラス」(1編成18席)の料金は同区間が1万円で、合計金額は

2万6360円となっています。


はやぶさの時刻表と料金について、詳しくはJR東日本の資料をご覧ください。

  JR東日本資料 「はやぶさ時刻表など」 「はやぶさ料金について



「はやて」の運行時刻表・料金表≪2010年12月4日~≫

「はやて」「スーパー白鳥」「白鳥」「つがる」の運行時刻≪2010年12月4日≫と、
主な駅からの運賃・特急料金が発表されました。

東北新幹線時刻表2010年12月4日~.jpg

東北新幹線料金表2010年12月4日~.jpg








東京-新青森間は1日15往復、最短3時間20分、大宮-新青森間は最短2時間
57分で運行となります。

仙台・盛岡-新青森間は1日1往復で、仙台-新青森間は最短1時間41分。

函館・弘前方面へのお出かけもグンと便利になります。


東北新幹線「はやて」12月からの新ダイヤ発表

八戸―新青森間が延伸開業する東北新幹線で、12月4日から運行する「はや

て」の新しいダイヤが発表されました。 東京―新青森間は1日当たり15往復と

なり、仙台―新青森間、盛岡―新青森間各1往復の計17往復の運転となる。


最高時速は275キロで東京―新青森の所要時間は最短3時間20分に短縮され

る。来年3月には時速 300キロ以上で走行できる新型車両「はやぶさ」を投入し、

所要時間がさらに短くなります。


現在、東京―青森間は新幹線と在来線の乗り継ぎで約4時間かかっているが、

12月の新幹線全面開通で東京から日帰りする場合の青森での滞在時間は、こ

れまでの最長約7時間半から2時間程度延びと予想される。


それにより、羽田―青森や羽田―三沢(青森)間の航空便との利用者争奪が激

しくなりそうだ。


「はやて」の最速列車は東京発の下り3本と新青森午前6時31分発の上り始発

の計4本。全列車が必ず停車する途中駅は、大宮、仙台、盛岡、八戸の各駅。

運賃・料金は今後発表される予定だそうです。


東北新幹線時刻表

東北新幹線延伸、全面開通で何時間になる?

東北新幹線八戸-新青森間(81.8キロ)は、12月4日に延伸開業となります。
開業時は従来の「はやて」で東京-新青森間を1日15往復する予定です。 仙台-新青森間、盛岡-新青森間も各1往復します。車両はE2系10両編成で 定員814席(グリーン51席、普通763席)の予定。


今回の延伸に伴い、東京-新青森間は約従来より40分短縮の3時間20分となる。

2011年3月の新型車両E5系「はやぶさ」投入でさらに10分短縮され、2013
年度末には国内最速の時速320キロ運転で3時間5分で結ばれる予定になって
います。

尚、開通後の時刻表はまだ発表されていません。(2010年9月発表予定)





東京~青森間所要時間推移
年月
車両・ルート
所要時間
最高時速
2012年度E5系はやぶさ 東京-新青森3時間5分320km
2011円3月E5系はやぶさ 東京-新青森3時間10分300km
2010年12月
新青森開業時
E2系はやて 東京-新青森3時間20分
現在E2系はやて 東京-八戸+特急-青森3時間59分



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0